トイレの水漏れ修理で交換工事が必要な場合

トイレから水漏れが発生している場合、業者にお願いして修理するのも一つの方法です。しかし場合によってはトイレの交換をした方がいい場合も出てきます。普段あまり考えないかもしれませんが、便器には寿命があるのでそのタイミングで交換工事をお願いするのも一考です。

■便器そのものがひび割れている場合

トイレの水漏れの原因はいくつか要因があります。その中で、便器本体のどこかでひび割れが発生していてそこから水漏れの発生するケースが見受けられます。もともと便器は陶器製で非常に頑丈なため、そう水漏れの中でも多い事例ではありません。しかし便器の中には一部プラスチック製の箇所もあります。こちらは陶器と比較すると強度は高くないですし、経年劣化が起こる可能性はあります。その場合には交換工事も視野に入れて、業者の担当者と打ち合わせして決めましょう。

■便器にも寿命はある

便器は陶器性のため、よほどのことでもない限り壊れることはないでしょう。しかし先ほど見たプラスチック部分などは、どうしても使っているうちに劣化が徐々に進みます。またトイレで見ると、タンク内の部品は10年もすると交換することも考えておきましょう。パッキンや配管についてはもう少し寿命は長く20年程度と思ったほうがいいです。
最近では温水洗浄便座を自宅で使っている方も多くなりましたが、この場合も7年から10年ほど経過すればいつ壊れてもおかしくないといわれています。心当たりのある人は修理と交換工事どちらがいいか、専門家のアドバイスを受けましょう。

■まとめ
日常的に使っているトイレが壊れたり、工事が必要になるケースは人生の中でそう何度も起こることではないでしょう。しかし絶対に壊れない、水漏れなどのトラブルが起こらないという保証はありません。もしもの場合のために、水漏れが起きたらどうやって修理依頼するかということや、原因や未然防止の方法を知識として頭に入れておくと安心です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ