蛇口からの水漏れの修理方法

家庭の水漏れトラブルを見てみると、蛇口が大元という事例は多いです。レバーをしっかり閉めたにもかかわらずポタポタ水が垂れてくる、レバーのがたつきが気になるといったことが挙げられます。そのような場合には、蛇口 交換をはじめとした修理を速やかに行うことをおすすめします。

■パッキンの劣化がポピュラー

蛇口で発生する水漏れの原因の中でも特に多いのが、パッキンの劣化です。かなりの割合を占めるため、まずはこちらの不調を疑ったほうがいいです。この場合、パッキンを新しいものと交換することで修理できる可能性は高いです。ケレップやコマと呼ばれる部分に取り付けられているパッキンは取り外すことが可能です。このため、ゴムパッキンの部分だけを交換できます。
ちなみにケレップのほかにもハンドル部分やパイプの根元のところに取り付けられています。こちらが劣化した場合でも水漏れは発生しますから注意しましょう。

■蛇口の寿命も意識すること

パッキンをはじめとして、劣化や壊れているパーツを取り替えることで症状は改善します。しかし、もしまたほかの箇所や同じところがおかしくなることが多いようであれば、蛇口そのものが寿命を迎えているのかもしれません。普段あまり意識しないかもしれませんが、蛇口にも寿命があります。使い方やどのような種類のものを取り付けているかにもよりますが、一般的に10年が一つの目安になるといわれています。特に15年以上経過しているのであれば、修理だけでなく蛇口 交換も視野に入れて検討する必要があります。

■まとめ
工具が自宅にあって、多少DIYの経験や知識を持っている人ならゴムパッキンの交換は自分で行えるかもしれません。しかしもし自信がない、変にいじって余計に症状が悪化してしまうのではないかと心配であれば、業者に依頼しましょう。また蛇口にも寿命があるので、蛇口 交換をする場合は、専門家に作業を任せた方が確実です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ